スタッフブログ

2008年2月

2007年10月

グアム旅行の出来事

こんにちは、企画部新人の高木です。

皆さんは海外旅行へ行く時のスーツケースはどういったものを使っていますか?

思いおこせば数年前、仲良しの友達とグアムに行った時の事です。
せっかく海外に来たんだからーっと、はりきって沢山お土産を買いました。

普段は10円高いおにぎりがもったいなくて買えないくせに、
この時、すっかり海外マジックにかかってしまって私は、
お化粧品とかお菓子などを沢山買って、スーツケースのフタをむりやり閉めました。
→2ヶ月後クレジットカードの請求額を見て、血の気が引いたのは
言うまでもありません。あの請求額もマジックだったら良かったのに!


グアム旅行も最終日、帰りの空港でふと気がつきました!
スーツケースいっぱいにお土産を詰め込んだものの、
よくよく考えたら帰りのフライトは、スーツケースに鍵を掛けられない!
※2003年1月より、爆発物検査の為に、TSA(アメリカ運輸保安局)職員はアメリカの国内
 (ハワイ・サイパン・グアムを含む)全ての空港でアメリカの出入国とアメリカ国内のフライト
 際に荷物検査をしています。その為鍵を掛けて荷物を預ける事ができません。


スーツケースが勝手に開いちゃったらどうしよう・・・。私のお土産盗られちゃったらどうしよう・・・。
たった3時間半ちょっとのフライトでも不安がよぎりました。

あれから数年・・・。
いや~、時代は進化しましたね。(遠い目)
現在ではTSAロックと言って特殊な鍵を装備したスーツケースが主流となっています。
ちなみに、日本のメーカーで初めてこのTSAロックを搭載したスーツケースを
発売したのは我が社(サンコー鞄)です!→これはちょっと自慢です。
※TSAロックを搭載したスーツケースはTSA職員が特殊なツールを使って開錠して検査
 をしてくれるので、鍵を掛けたまま荷物を預けることができます。

ちなみに、現在の自社TSAロック搭載モデルにはこんなものがあります。


SPC
↑SUPER LIGHTS PC

G2TSATypeL
↑G2 TSA Type-L



これからも、お客様の立場に立ったスーツケースづくりをモットーに新しい商品を
提案していきます!

名前:
URL: http://

C&S TRAVELWARE創立5周年記念パーティー

初めまして、開発部の佐藤です。 
これから これからブログで定期的に新商品開発の裏話(苦労話)を紹介して
いきたいと思っています。
みなさん、よろしくお願いします。

と言いつつ今回は私が先月9/20(木)に中国出張の際に出席した
C&S TRAVELWAREの創立5周年記念パーティーの模様を紹介したいと思います。

記念パーティ1

C&S TORAVELWAREは、サンコー鞄の中国の合弁会社で
主にソフトキャリーケースを製作している会社です。
2002年8月に広東省中山市に設立して以来、
サンコー鞄のFINOXYやMORARIをはじめとする
多くのソフトキャリーケースを生産してきました。
今年で5年の節目となり、C&S近くのホテルにて
記念パーティーが開催されました。

記念パーティ3

当日は多くのご来賓の方々やC&Sの幹部社員も
含め200人を超える出席者で盛大に行われました。
サンコー鞄 副社長であり、C&Sの副董事長でもある
桑山栄一の挨拶から始まり、多くの出席者の方々に
思い出話などご挨拶いただきました。
私も日頃、打合せでしか話をしたことがないC&S LUGGAGEのスタッフと
コミュニケーションをとることができ、とても良い経験となりました。

C&S LUGGAGE、サンコー鞄、ともどもに
さらに10年、20年とより良いキャリーケースを
作っていこうとの決意を固める良い機会となりました。

記念パーティ2

名前:
URL: http://
STAFF BLOG TOP