スタッフブログ

2007年10月

2009年3月

旅の楽しみは…

企画部の橋本です。
貿易関係を一手に引き受ける英語が得意な小鹿さんは、
大の旅行好き。休日のたびにスーツケース片手に愛知を飛び出す彼女は、
北へ進路を向けたようです!



-------------------

こんにちは。輸入事務の小鹿です。
毎日書類と格闘しながら商品の輸入・入荷の手配をしております。

毎回ご紹介させていただきますが私の最大の癒しは旅行と美食。
全国(全県)制覇を目指して旅へ出ております。

先日、北関東+東北へ行ってまいりました。
中部国際空港から仙台へ飛び、山形県、福島県、茨城県、栃木県をバスで周り
東京駅から新幹線で帰ってくるという弾丸的なツアーでした。

旅先での楽しみと言えば、観光はもちろんのことご当地の食べ物も欠かせません。
今回の旅行でびっくりした食べ物は、会津の天ぷら饅頭。
薄皮饅頭が衣をつけて天ぷらされておりました。

090302

看板を見つけて早速注文。揚げたての饅頭が出てきました。
恐る恐るかぶりついてみると…意外とおいしい!
外はサクッ、中はホワッて感じでした。
中までアツアツでホフホフしながらいただきました。

090301


天ぷら饅頭の他にもこの旅行で多くのご当地物を食しました。
笹かまぼこ、ずんだ餅、玉こんにゃく、納豆スナック、イナゴの佃煮・・・
ご当地の食べ物からはその土地の風土が感じられるものです。

次の旅行は東北を考えています。
次はどのようなご当地物に出会えるのか今から楽しみです!

名前:
URL: http://

京王百草園 梅祭り

企画部の橋本です。
写真撮影が大好きな、営業マン斎藤さん。
休日ともなれば、愛用の一眼レフと三脚を担いで各地を飛び回っているとのうわさ!
この週末はどこへ行ったのでしょうか!


-------------------
三回目の登場になります、営業部の斎藤です。
まだ寒さも厳しく相変わらず出不精な私ですが、
久しぶりに一眼レフカメラを携え『京王百草園 梅祭り』に行ってきました。

百草園は江戸時代の享保年間、小田原城主 大久保候の室、寿昌院慈岳元長尼が
長男 岡崎三郎信康 追悼のために松連寺を再建し、その後 時代を経て庭園となったそうです。

12月から咲き始める『八重寒紅』から3月に楽しめる『淋子梅』と
約80種・800本の紅梅・白梅を堪能してきました。

梅祭りの開催期間は2/7~3/15なので、ご興味お持ちの方はお早めに。
最寄駅は京王線の百草園駅です。(新宿から八王子方面へ約30分)
近くに美味しいジェラード屋さんもあって、散歩コースにもお勧めです!

0227

名前:
URL: http://
STAFF BLOG TOP