スタッフブログ

2007年12月

2011年5月

韓国旅行

こんにちは。輸入事務の小鹿です。
旅行と美食を趣味とする2X歳の独身貴族です。

先日、連休を利用して韓国ソウルへ行ってまいりました。
韓国といえば…やはり食と買い物、マッサージ(アカスリ)ですよね?
わたくし、小鹿、その全てを体験してまいりました!

旅行から帰ってきてカメラを見てびっくり、食べ物の写真しか残っていない…
観光もしたはず!なんとか宮やなんとか公園にも行ってきたはず!
(かなりのうる覚え…)
ところがカメラには食べ物の写真とそれを必死で食べている自分の写真ばっかり。
…まっいつものことです。



プルコギの他にはキムチ/ナムルはもちろんのこと、
海鮮チジミや石焼ビビンバ、焼肉も食べてきました!

韓国定番のお土産の韓国のりを大量に購入し、
サンコー鞄のSuperLight60㎝マゼンタに詰め込み帰国。
行きは半分しか詰まってなかったスーツケースも帰国時にはいっぱいに。

小鹿愛用のSuperLight60㎝マゼンタは多くの国へ同行させておりますが、
まだまだ現役で頑張ってくれています。
表面に傷も多くなってきていますが、それも旅の勲章と思っています。
マゼンタという色が目立って鞄が見つけやすくてお気に入りなのです!
今後もこの子(鞄)と一緒に旅に出続けたいなと思っています。

名前:
URL: http://

常滑に行ってきました

ものづくりの愛知県は、窯業も盛んです。
「せともの」で有名な瀬戸焼は、サンコー鞄のちょっと北に位置する
瀬戸市で作られていますし、世界の「ノリタケ」も名古屋。
そして、南の方では、「常滑焼」があります。
綺麗なすべすべの赤茶色の急須、ご存じの方も多いのでは!

先日、そんな常滑の街にお邪魔してきました。
起伏のある迷路のような古い街並みの合間に、
古くて今は動いていない赤レンガの窯が点在しています。
作家さんの陶芸作品や、手作りの雑貨、民家を改築して作られたカフェなど
みどころがたくさん。陶芸が体験できるところもあり、1日楽しめそうです。

名前:
URL: http://

EVカー「リーフ」サンコーに来る

平成21年10月に私が試乗してから4ヶ月、
とうとうこの2月に我社にリーフがやって来ました。
納車当日、これからの使用予定者は、
ディーラーの方から簡単な説明を受けたのち、
次々に社内にてテストドライブ。
初めは使い方に戸惑いつつも、だんだんと慣れてきて、我も我もと。

最近私も、良く市内まで使用しますが、その経済性はすばらしい。
一日100km走っても、充電代は50円程。
また走行中の静寂感は素晴らしく、風を切る音のみ。
グライダーに乗ったら多分こんな気分なんだろうと想像します。

ただ、ここ名古屋地区はトヨタのプリウスがとても多く、
初期のプリウスと外見が良く似ているリーフはあまり目立たないのか、
街中を走っていても、他の人が気が付いてくれないのが残念。
もっとEVカーである事に注目を浴びて、CO2排出ゼロに貢献できたらと思います。

名前:
URL: http://
STAFF BLOG TOP